2013年01月05日

2013年、ロンドンの初日の出

20130106.jpg

新年、明けましておめでとうございます。ちょっと遅くなりましたが。。。
今年も何卒宜しくお願い致します。

2013年の元旦は、クリスマスの日に歩いたKew Bridgeの辺りから、初日の出を見てきました。天気は快晴で、太陽が河の上に上がってきた時は、『やったー』と感動しました。朝日がテムズ河に反射して、とても綺麗でした。静かで穏やかな朝でした。近くのレストランでは店内の掃除をするために、椅子を外に運び出していました。マラソンしている人や、犬の散歩をさせている人もいました。また、初日の出が上がってくるのを、橋の上から見ている人もいました。テムズ河にいた水鳥たちは、羽をばたばたさせて朝の準備?をしていました。全てが何とも心地良く感じ、素晴らしい元旦を迎えることができました。

冬のロンドンは天気が悪く、最近は3、4日雨が降ったり曇ったりで、1日ちょっと晴れるという感じでした。晴れるのも一日中ではなく、午前中だけとか午後だけといった感じです。なので初日の出は期待していなかったのですが、元旦は奇跡的に晴れて、初日の出を見る事ができました。幸い気温はさほど寒くなかったことと、日の出が遅いので(8時ちょっと前ぐらい)有り難かったです。朝が弱い私は、日の出を見るのは元旦ぐらいしかないのですが、やはり日の出を見ると清々しい気分になりました。

今年が、どういう年になるかは分かりませんが、気持ち良く、一年をスタートさせる事ができたのは幸せでした。ありがとうございました。

20130106-2.jpg 20130106-3.jpg
photo at Kew Bridge & Thames Road, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 10:46| Comment(2) | London

2012年12月31日

良いお年をお迎えください

20121231-last.jpg

今年はイギリスへ引っ越してきて、ブログを始めてと色々な事があった一年でした。

全く知り合う可能性のなかった方々にブログを見にきて頂いて、心から感謝しています。本当に有り難うございました。
また、日本やアメリカ、イギリスの友人達も見にきてくれていると思います。本当にいつも有り難うございます。ご無沙汰ばかりですみません。

大した内容のものでもないので恐縮ではありますが、来年も引き続きこのブログを続けていくつもりでいます。何卒宜しくお願い致します。

では、良いお年をお迎えください。

photo at Dover, Kent

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 11:54| Comment(4) | Kent

なでしこジャパンの、澤穂希さんは素晴らしかった

20121231.jpg

今年もいよいよ終わりです。今日は大晦日。最後の記事に何を載せようか迷ったのですが、ロンドンオリンピックで活躍された、なでしこジャパンの澤穂希さんについて、どうしても書いておきたくて、今更ですが書かせてもらう事にしました。

2012年7月28日、女子サッカースウェーデン戦の試合を観戦しに行きました。結果は1対1の引き分けでしたが、一言でいうと勝てそうで勝てない試合でした。出来る事なら、気持ち良く勝つところを見たかったのですが、引き分けでも良しとは思ったものの、勝てそうなチャンスがいくつかあったので、残念な気持ちが残りました。とはいえ、なでしこジャパンの試合を実際に観る事ができて、とても感動し、充実した時間を持てたのは言うまでもないのですが。

日本の試合が終わって、帰ろうと外に出たらそこにちょうどバスが停まっていて、日本人の人だかりが出来ていました。これはなでしこの送迎バスに違いないとスタジアムから選手が出てくるのを待つことにしました。しばらく待っていたら一番最初に澤穂希選手が出てこられました。しかも素敵な笑顔で。試合の後で疲れているだろうし、試合内容にも悔しさが残っていると思うのですが、全くそれを感じさせませんでした。そしてバスには乗らずに、ファンと握手をしたりサインを書いたり、話をされたりしていました。しばらくすると他の選手も出てこられましたが、澤さんほど、笑顔でファンにサービスされている方はいませんでした。もちろん、疲れているでしょうし、実際のところ、それどころではないと思います。そしてバスが出る最後の最後まで、ファンサービスをされていました。これは私の印象ですが、澤さんは意識的に早く着替えをして出てこられたように感じました。その姿を拝見し、とても感動しました。試合を観れたのも、もちろん嬉しかったのですが、この澤さんの素晴らしさを観れたことは最高でした。大ファンになりました。

そしてしばらくして全員が揃ったら、なでしこのバスが発車しました。私たちは日の丸を振りながらバスを見送りましたが、バスの中からなでしこジャパンの皆さんが私たちに向かってお辞儀をされました。やっぱりなでしこは素晴らしい。試合だけじゃなかった。
なでしこジャパンの皆さん、本当にお疲れさまでした。沢山の感動をありがとうございました。そしてこれからも頑張って下さい。

20121231-2.jpg 20121231-3.jpg

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 11:09| Comment(0) | Coventry

2012年12月26日

クリスマスは、家族で散歩はいかが?

20121226.jpg

25日のクリスマスの日は殆どのお店は休みになります。地下鉄やバスも走っていません。キリスト教徒の家庭の多くは、自宅で家族とターキーやチキンを焼いて食べるそうです。日本のクリスマスよりはお正月に近い感じだと思います。そして食事の後は、家族で散歩をする人が多いのだそうです。なぜ散歩をするのか知り合いに尋ねてみたところ、お店も休みだしやる事もないので、外をゆっくり散歩するのではないかと言っていました。それも時間をかけて歩いたり、森を歩いたりすることもあるとか。街や森が綺麗なのでそういう気分にもなるのかもしれません。

25日の朝は雨が降っていましたが、午後には止んでちょっとだけ晴れ間も見えたので、私もテムズ川のほとりにあるKew Bridgeの辺りを散歩することにしました。幸いそんなに寒くなかったので、人々が家族で散歩していました。やっぱり散歩するっていうのは本当だった。お店も全くやっていないのかと思っていましたが、開店しているパブやレストランもありました。それも結構人が入っていました。それでも車も殆ど走っておらず、いつもよりずっと静かで穏やかな時間が流れているように感じました。私はお正月の静かな街を歩くのが好きで、何となく得をした気分になるのですが、それと同じような気分になりました。でもまた明日からはいつも通りに。それもまたほっとするような。

20121226-2.jpg 20121226-3.jpg
photo at Thames Road, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 10:31| Comment(2) | London

2012年12月25日

クリスマスに、ヤドリギの木の下で

20121225.jpg

先日、ロンドン南西部、RichmondにあるPetersham Nurseriesという園芸店に行ってきました。そこでクリスマスの時期に家に飾り付けるという『ヤドリギ』を見つけました。何でも西洋ではクリスマスの時期にヤドリギの木の下にいる女の子に、男の子はキスをしても良いという習慣があるとか。知らなかった。今日はクリスマスですが、実際はどうなんでしょうか。。。

そもそも、ヤドリギはミズナラやブナなどの落葉樹に寄生している寄生樹で、宿主の木が冬に葉を落とし枯れたようになっても、ヤドリギの葉は青々としている様子から生命力の象徴とされて、キリスト教の異端の古代ドルイドで聖なる木とされたそうです。今でも家の高い位置にこのヤドリギを飾り付けるとか。決して足下には置かないそうです。クリスマスリースの材料に使われたり、クリスマスツリーの代わりにも使われるそうです。

このPetersham Nurseriesにもヤドリギが多く売られていました。バケツに入れられているものもありましたが、高い位置に飾られているものもありました。細長い葉に、丸くて白い実が付いていました。始めて間近で見ましたが、言われなかったら見過ごしてしまいそうな感じの植物でした。

日本でも九州から北海道まで自生しているそうです。そして何と万葉集にも詠われているとか。これまた無知で知りませんでした。

今回、このヤドリギをブログに載せるために調べてみようと、ネットで実際に自生しているヤドリギの写真を見たのですが、日本で見た事がありました。その時は鳥の巣だと勘違いしていましたが、今思えばヤドリギでした。一つ勉強になりました。

では、皆様、良いクリスマスをお過ごし下さい。
メリークリスマス。

Petersham Nurseries
http://www.petershamnurseries.com/home.asp

20121225-2.jpg 20121225-3.jpg
photo at Richmond, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 12:40| Comment(2) | London

2012年12月21日

今日は冬至です。ロンドンの日暮れは早い。

20121221.jpg
これらの写真は数日前の15時15分頃撮った写真です。今日は天気が悪く雨だったので、晴れた日の写真をアップします。午後3時で既に夕日が。。。天気が良ければまだしも、天気が悪いと一日中、暗い印象です。これがイギリスなんでしょうが。

ロンドンに引っ越してきたのは夏でしたが、日の長さには本当に驚きました。朝は5時ぐらいから明るく、夜は9時、10時まで明るいという驚くべき日の長さでした。夜も明るくて、なかなか寝る気分になれない感じでした。得した気分。

それが今は冬、今日は冬至です。今日の日の出は8時3分、日の入りは15時53分です。日が沈むと何となく一日が終わった気分になるので、それでなくても、性格的にぐずぐず、のろのろしてしまう私は一日が短く感じます。今日からまた日が長くなっていくと思うと嬉しいです。

そういえば、日本語放送(JSTV)の国際安全情報で、『イギリスでは冬の日照時間が短く、冬期鬱病になる人が多いので注意しましょう。』と言っていたのを聞いて、テレビでそんな放送をするんだと驚きました。太陽の光って本当に大切なんですね。それと、人の姿勢は抑うつ状態と関係があるらしいと、ある番組で言っていました。

冬は晴れたら、寒くても外を姿勢よく歩いた方が良さそうです。できるかな。

20121221-2.jpg 20121221-3.jpg

photo at Ealing Broadway, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 04:37| Comment(0) | London

2012年12月13日

ロンドンの街角で、バグパイプ演奏

20121213.jpg

ロンドンの街中で、たまにバグパイプの演奏をしているのを目にします。この日もハロッズ(デパート)の横で若い男性2人が演奏していました。バグパイプはスコットランドが有名ですが、それ以外でもアイルランド、スペイン、ポーランド、トルコ、バルカン半島にもあるらしいです。

やぱりバグパイプといえば、このバグパイプの甲高い音色と、衣装が印象に残ります。私は年代的にやはりキャンディーキャンディー(アニメ)に出てくるのでバグパイプは憧れがありました。丘の上の王子さまとアンソニーでしょう。最近、Youtubeにキャンディーキャンディーのテレビアニメが載っているのを発見し、懐かしく観させてもらいました。

男性がスカートを履いているのも他でみないので何だか気になります。そういえば、話は全く違いますが、日本でも夏の暑さに耐えかねて、一部の男性の間でスカートが流行っているときいたことがありますが、今はどうなっているのでしょうか。。。

話は戻りますが、その日、2人の男性の演奏を聞いた後、ハロッズの中を歩き回り、しばらくして店を出てきたら、その2人の姿はなくなっており、その代わりに毛皮反対運動の人々が大勢集まってプラカードを掲げ、シュプレヒコールをあげていました。『あれっ、バグパイプの男性はどこに?』と思いましたが、シュプレヒコールの脇で演奏も出来なかったのだろうと思いました。みんな師走は忙しいですからね。

photo at Hans Crescent, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 00:12| Comment(2) | London

2012年12月10日

冬のオープンテラスはいつまで

20121210.jpg

イギリスのレストランやパブの多くは、オープンテラスの席があります。開放的な雰囲気がとても好きで季節の良いときは好んで利用していました。最近は寒い日が続いており、さすがに外に座ってという気分にはなれませんが、ロンドンの人々はこんな寒い時でも、レストランの屋内の席が混んでいたり、たばこを吸いたい人などは、外の席に座ります。そうそう、イギリスではレストランやパブなどでの喫煙が禁止されています。喫煙する人は店の外か喫煙ブースで吸うことになります。イギリス全土がそうなのか分かりませんが、イングランドでは禁止されているそうです。

この日の気温もかなり低かったと思います。多分、この時、氷点下ではなかったと思いますが、5℃もなかったのではないかと思います。ロンドナー(ロンドンの人のことを呼ぶらしい)はたくましいです。雨にも寒さにも強かった。

この写真の右奥に写っているのはハロッズ(ロンドンで有名なデパート)です。クリスマスの電飾で飾られています。それはそれは大勢の人で店の中を歩くだけでもやっとでした。あまりの人の多さに嫌気がさすほどでした。不景気っていうけど、そんな感じはここではしなかったなあ。

日本でもオープンテラスが広まれば良いなと思っています。日本だと蒸し暑かったり、蚊がいたりしてかなり厳しいと思うのでなかなか難しいのでしょうが。私自身、オープンテラスが良いと言いながら、日本では快適な屋内を選んでしまいそうですが。。。

photo at Brompton Road, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 10:41| Comment(0) | London

2012年12月05日

メリーゴーラウンドのBar - Winter Wonderland -

20121205.jpg

ロンドンのマーブルアーチの辺りを歩いていたら、ちょっと離れたところに観覧車が見えました。何があるのかなと近づいて行ってみると、クリスマスの移動遊園地が来ていました。それはWinter Wonderlandというロンドンでは有名なものでした。Hyde Parkの中に観覧車、クリスマスマーケット、スケートリンク、お化け屋敷、ジェットコースターなどなど、本当に沢山のお店やアトラクションが造られていました。全てがクリスマスの飾りがしてあって、それはそれは楽しい気分になる場所でした。Winter Wonderlandの存在は知っていて、近いうちに行ってみようと思っていたので、思いがけず辿り着いて嬉しかったです。行った時間は夕方で、日が暮れてからはぐっと冷え込んでいましたが、多くの人が来ていました。子供達や若いカップルも沢山いました。

楽しい気分で見て歩いていましたが、メリーゴーラウンドのBarがあったのには驚きました。上の写真がそれです。本当に可愛いメリーゴーラウンドがゆっくりと回転していて、その上で人々がお酒を飲んでいました。さすがパブの国だけはあると感心しました。私もそこでビールでも飲みたい気分になりましたが、外のような所なのでとても寒く、1人でビールを飲むのも躊躇されやめました。でも、メリーゴーラウンドのBarなんて、本当に洒落てる。

あと、スケートリングがあって、そこでも多くの人が滑っていました。みんな転ばないように必死な感じでした。そういう場所では大抵、何人かスケートが上手い人がいて、ヨタヨタしている人の間をスイスイ走っていくのですが、そのときはリンクのメンテの人以外で特別上手い人はいませんでした。手すりの側をずっと滑っていく人もいたし、転んでいる人もいました。私自身、子供の頃に何度かスケートをしたことがありますが、その時の事を思い出しました。人の滑りを見て、そうそう、そうなるよねなどと勝手に思いながら楽しんでしまいました。やっぱり人の滑りを見るならヨタヨタが面白い、などと言ったら性格悪いかな。もちろん、私が滑ったら手すりの近くをヨタヨタ滑って、あげく転ぶのは避けられないでしょうが。

Winter Wonderlandは入場無料です。乗り物やスケートなどは別料金でチケットを購入するようになっています。見るだけでも十分に楽しめると思います。会期は来年1月6日までです。

【Winter Wonderland 2012】
Thereafter the opening times are 10am until 10pm, from 24th November 2012 to 6th January 2013 except for Christmas Day when the event is CLOSED.
http://www.hydeparkwinterwonderland.com/

20121205-2.jpg 20121205-3.jpg
20121205-4.jpg 20121205-5.jpg

photo at Winter Wonderland 2012, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 10:42| Comment(2) | London

2012年12月03日

ロンドンの街中を走る、小さい車

20121203.jpg

ロンドンの街中で、とても可愛い小さい車が走っているのを、たまに見かけます。日本の軽自動車より更に小さい車が走っているように思います。ロンドンの街中の道路はそれほど特別細く、曲がりくねった道路はないのですが、それでも小さい車の方が路上駐車する場合にも便利だし、小回りがきいて活躍する場面が多いと感じます。遠出する場合はやはり大型車の方が快適だと思いますが、街乗りの車は小さい方が何かと便利なのではないかと。

私自身、車の運転は大の苦手で自動車の運転免許は持っていますが、ペーパードライバーに近いです。何が苦手ってやはり駐車です。縦列駐車は何年もやっていません。日本にいたころは持っていた車にバックガイドモニターがついていたので、駐車も簡単だったのですが、こちらではそういうものは、まず付いていません。それどころか、出回っている車は、マニュアル車が多いです。燃費が良いのか、どういう理由からかは分かりませんが、私にはマニュアル車は本当に運転が難しいです。そういえば運転免許を取るときに、坂道発進でどれだけ泣いたか思い出しました。エンストの恐怖も。。。

それにしてもヨーロッパのマニュアル車率の高さは驚きました。エコなのかな。。。
この写真に写っている車が、マニュアル車かどうかは分かりません。念のため。

20121203-2.jpg 20121203-3.jpg
photo at Hanover Street & Bond Street, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 10:04| Comment(0) | London

2012年12月01日

イギリスの不思議な形の木

20121201.jpg

先日、カンタベリーへ行ったときに、公園を歩いていたら不思議な形の木を見つけました。一本は驚くほど幹がとても大きい木でした。(写真左奥)枝はそんなに太くないので幹の太さが際立っていました。もう一本は魔女の森にもで出てきそうな幹をした木でした。(写真右)その公園の脇にあった雰囲気のある洋館とマッチして魔女が出てきそうな雰囲気でした。ハリーポッターの世界もこのイギリスから生まれたのが分かるような気がします。植生が違うと庭の雰囲気も違ってきますね。

ここ数日、イギリスはぐっと冷え込んで寒くなってきました。最高気温が5℃ぐらい。寒い中歩き回ったせいかちょっと風邪を引いてしまいました。雨にもちょっと打たれたのも悪かったに違いない。今週末は出かけずに家で温かくしていようと思います。日に日に寒くなってきております。このブログを観て下さった方々も、くれぐれもご自愛下さい。

20121201-2.jpg 20121201-3.jpg
photo at Canterbury, Kent

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 06:39| Comment(2) | Kent

2012年11月28日

ノッティングヒルで見つけた、ビートルズ

20121128.jpg

ロンドンのノッティングヒル(Notting Hill)は、ポートベローマーケットが開かれます。このマーケットはとても有名なマーケットでアンティークが中心で、掘り出しものを見つける楽しみがあります。古い缶やワッペン、銀食器、おもちゃ、洋服、野菜など色々なものが売られています。もちろんアンティーク以外の新しいものもありました。

この日はあいにくの雨でしたが、かなりの人がマーケットに買い物に来ていました。その中で、古いレコードアルバムを売っている店があり、ビートルズのレコードを見つけました。私も兄がビートルズのレコードを何枚か持っていたので、良く聞いたものです。このレコードのように、ロンドンのあちこちで、ビートルズ関連のものを見かけます。今でも、ビートルズはイギリスを代表するアーティストであると感じます。きっとビートルズファンにはたまらない場所なのではないかと。折角、ロンドンで暮らしているので、ビートルズゆかりの地も色々と探索してみようと思います。

【Portobello Market】
Mon-Wed & Fri: 8:00am- 6.30pm
Thu is a half day closing at 1.00pm
Sat 8:00am- 6:30pm
http://www.portobellomarket.org/

photo at Notting Hill, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 00:03| Comment(0) | London

2012年11月26日

カンタベリー大聖堂の、礼拝堂のロウソク

20121126.jpg

先日、ご紹介したカンタベリー大聖堂の建物の中を今日はご紹介します。

大聖堂の一番奥の床の中央に、灯のともったロウソクが一本置かれた場所があります。礼拝堂のこの場所に大司教トマス・ベケットが祀られています。12世紀、時の国王ヘンリー2世との教会の権力をめぐって対立し、この教会の中で暗殺されてしまったそうです。この大聖堂は世界遺産に指定されている荘厳な教会です。大聖堂の建物の内外の装飾の素晴らしさは圧巻で、当時の教会の権力は相当なものであったことが想像できました。大司教トマス・ベケットは死後、ローマ教皇から聖人とされ、人々が祈りを捧げると病気が怪我が癒えて奇跡を起こしたと言われています。今でも多くの巡礼者がこの大聖堂を訪れているそうです。

20121126-2.jpg 20121126-3.jpg20121126-4.jpg 20121126-5.jpg
photo at Canterbury Cathedral, Canterbury, Kent

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 23:56| Comment(0) | Kent

2012年11月23日

ロンドンの塀にチャップリン

20121122.jpg

家の近所を散歩していたらあるお宅の塀に、チャップリンが描かれているのを見つけました。塀の手前にあるのは落ち葉を集めて入れてある袋です。よそのお宅なので袋を動かすのも何なのでそのままにして写真を撮りました。辺りの紅葉した葉はかなり落ちて景色は冬になってきました。

チャップリンが亡くなったのが1977年12月25日、それから35年が経った今でも、その存在感は無くなることなく存在していると感じました。『喜劇王』の異名をもつチャップリン、その生い立ちは貧しく、1歳の時に両親が離婚、その後、父はアルコール依存症、母は精神に異常をきたし異父兄とともに施設で育ったそうです。そのような中俳優養成所へ通い、俳優の道へ進んでいったそうです。

サイレント映画の『街の灯』、反戦コメディーの『独裁者』など、風刺やコメディーの中に人間愛や反戦などを描き、チャップリンの信念のこもった映画だからこそ、世界で受け入れられたのかもしれません。

私もチャップリンの映画をちゃんと観た事が無かったので、観てみようと思います。
『街の灯』は版権フリーになっているそうなので、Youtubeでご覧になれます。興味のある方はどうぞ。ちなみに花売り娘との出会いのシーン(3分間)は、なんと342回のNGが出たそうです。何でもチャップリンは完璧主義者でもあったとか。
photo at Ealing Broadway, London



お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 00:45| Comment(0) | London

2012年11月21日

カンタベリー大聖堂の、歴史ある回廊

20121121.jpg

この写真は11月19日のブログで紹介したカンタベリー大聖堂の回廊です。中庭には芝生が植えられていて誰かのお墓がありました。さすが歴史があるだけあってその重厚な雰囲気は素晴らしかったです。しかしながら風化もかなり進んでいて老朽化が目立ちました。回廊の柱は穴があき、折れたりしないのか心配になりました。回廊の天井は木の細工が施してありそれは見事でした。その天井も、もちろんかなり老朽化していました。

私が訪れた時も、教会の一部分では補修工事が行われていました。教会は寄付も募っているようでした。これだけのものを残していくのは実際、お金もかなりかかるものなのですね。

カンタベリー大聖堂のHP
http://www.canterbury-cathedral.org/
11 The Precincts, Canterbury, CT1 2EH United Kingdom

20121121-2.jpg 20121121-3.jpg20121121-4.jpg 20121121-5.jpg
photo at Canterbury Cathedral, Canterbury, Kent

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 23:56| Comment(0) | Kent

2012年11月19日

カンタベリー大聖堂の、季節外れの桜

20121119.jpg

今日は、イギリス南東部、ケント州にあるカンタベリー大聖堂に行ってきました。ここは世界遺産に指定されているイギリス国教会の総本山です。その歴史はとても古く7世紀に建てられたそうです。現在の建物はロマネスク様式と、ゴシック様式で建てられているそうです。また、この大聖堂は12世紀に大司教、トマス・ベケットがヘンリー2世と対立して殉教した教会で、今も礼拝堂の下に眠られているそうです。そういうこともありこの大聖堂は巡礼者の聖地となっているそうです。

そんな歴史のある大聖堂ですが、今日はこの教会の話ではなくて、その敷地に咲いていた季節外れの桜の話をしようと思います。木の大きさは、さほど大きくなかったのですが、紅葉した葉と一緒に桜の花が咲いていたのです。ちなみに今日も気温は低く、10℃ぐらいはあったのかな、紅葉した葉っぱもかなり落ちて、一週間前よりぐっと冬に近づいた印象を受けました。その桜の木には、つぼみもありました。花の数は少なく、ちょっと見ただけでは通り過ぎてしまいそうだったのですが、『あれっ、桜が今頃咲いてる???』と近づいてみると確かに桜のようでした。一本だけ桜が咲いていました。春に咲く桜のように沢山の花をつけてはいませんでしたが、ひっそりと咲いていました。もともと秋に咲く桜なのか、この木が勘違いして咲いただけなのかは分かりませんが、思いがけないところで思いがけないものを見て嬉しかったです。

20121119-2.jpg 20121119-3.jpg
photo at Canterbury Cathedral, Canterbury, Kent

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 10:48| Comment(0) | Kent

2012年11月16日

ロンドンタクシーの運命やいかに

20121116.jpg

ロンドン名物の一つにロンドンタクシー(ブラックキャブ)があげられると思います。60年を超える歴史をもち、当初、英国紳士の山高帽をかぶったままで乗車できるように車高が高く設計され、丸いフォルムは独特でとても可愛い形をしています。まだ乗ったことはありませんが、ロンドンタクシーを見ると何だか嬉しい気分になります。以前は黒塗りの車しかなかったようですが、最近は英国旗や柄が入ったものも多いようです。運転席と客席は隔壁で仕切られており、客席は向かい合わせに折りたたみ椅子を入れて5人まで座ることができます。車椅子のままでも乗車可能です。

このロンドンタクシーの運転手になるのは資格取得試験が難しく、ロンドン中の道を細かく覚える必要があるそうです。それもあってロンドンタクシーの運転手さんは誇りを持って仕事をされているそうです。ロンドンタクシーは安全で観光客も安心して乗れる乗り物として評判です。

そんなロンドンタクシーですが、最近、ネットニュースでロンドンタクシーの製造会社、英国のマンガニーズ・ブロンズ・ホールディングスが経営破綻した事を知りました。何でもメルセデスベンツとの競争で赤字がかさんだ所に、大規模なリコールが重なり資金繰りが悪化したとか。まさか、ロンドンタクシーが姿を消すことはないと思いますが、これからどうなるのか心配です。

あと補足ですが、イギリスにはミニキャブ(電話で呼び出し)や白タクもいて、ロンドンタクシー(ブラックキャブ)とは違いますので念のため。これらの写真は全てロンドンタクシーです。

20121116-2.jpg 20121116-3.jpg
photo at Saint Martin's Lane & Regent Street, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 09:54| Comment(4) | London

2012年11月14日

ローリングストーンズのイルミネーション

20121114.jpg

11月に入ってからロンドン市内ではクリスマスのイルミネーションが飾られている様子を見る事ができます。

この写真はCarnaby Streetのクリスマスイルミネーションです。このイルミネーションは歌手のローリングストーンズとともに作られたそうです。この金や銀の丸いものはレコードアルバムを表しているそうです。今年はローリングストーンズデビュー50周年にあたる年だそうです。11月8日にはこのイルミネーションの点灯式がローリングストーンズによって盛大に行われたようです。この通りには現在、期間限定のローリングストーンズのショップも開かれているようです。もともと、このCarnaby Streetは、ローリングストーンズが頻繁の来ていた場所だそうで、何でも1960年代、彼らの始めてのライブにむけてリハーサルを行った場所がこのすぐ近くにあるそうです。ローリングストーンズの原点とでもいうべき地なのかもしれません。
photo at Carnaby Street, London

このイルミネーションが作られる様子です。興味のある方はどうぞ。


お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 09:51| Comment(0) | London

2012年11月13日

イギリスでも人気の葛飾北斎『GREAT WAVE』

20121113.jpg

ロンドンから北西に車で2時間ほどいったところにオックスフォードという街があります。オックスフォードはオックスフォード大学があることで有名です。この街を歩いていたら、ある大学の入り口に葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の『神奈川沖浪裏』のポスターが飾られ売られていました。イギリスでもとても人気で、この場所以外でも同じ版画のポスターやポストカードが売られているのを見た事があります。

私も葛飾北斎の『冨嶽三十六景』や歌川広重の『東海道五十三次』が好きです。特にこの『神奈川沖浪裏』の大胆な構図が好きです。ヨーロッパでも、この『神奈川沖浪裏』は『GREAT WAVE』という名前で呼ばれとても人気があるそうです。今見ても全く古さを感じません。子供の頃、永谷園のお茶漬け一袋に一枚おまけとして、浮世絵や印象派の絵画が印刷されたカードがついてきたのを集めていたことがありました。今はさすがにそのカードを持ってはいないですが。

浮世絵はゴッホなど西洋絵画にも影響を与えたそうですが、私の写真の撮り方も、今思えば、多少なりとも影響を受けているように思います。
photo at Oxford, Oxfordshire

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 08:08| Comment(0) | Oxfordshire

2012年11月12日

The Lord Mayor's Show in 2012

20121112.jpg

11月10日(土)はThe Lord Mayor's Showがロンドンで開かれました。毎年11月中旬の土曜日に新しいThe City of Londonの市長さん(任期1年)の就任パレードが開かれているそうです。このパレードはなんと800年もの歴史があるそうです。今年のパレードは6,500人を超える人と、22のマーチングバンド、125頭の馬、18台のビンテージ車、21台の馬車が参加したそうです。

パレードの先頭は軍隊の行進で始まりました。武装した軍人、砲台や戦車もパレードしました。最初が軍隊なんだとちょっとびっくりしました。日本にいるとそういう事を全く意識する機会がなかったのですが、軍事力をアピールするのも他の国では普通のことなのかと思いました。その他には、マーチングバンドに、バグパイプの演奏に、仮装をした人、司教さん、日本の和太鼓まで車に乗って登場しました。Mizuho Corporate Bankがスポンサーになっていました。今回の和太鼓もJapan Matsuriの時と同様に日本人ではない人たちが太鼓を演奏していました。それは見事な演奏でした。中国の京劇もありました。あとは、馬に乗って行進していた人も多かったのですが、その馬の美しさには感動しました。横一列に綺麗にならんで歩く様は圧巻でした。白い馬と黒い馬で、統一されていました。そしてパレードの最後に新しい市長さんが乗った馬車が登場しました。上の写真の馬車がそれです。市長さんは馬車の中にいらっしゃるので写っていませんが。歴史好きの人にはたまらないのでは。最初から最後まで飽きる事無く楽しく観れました。

パレードの先頭から最後まで見るのに1時間以上かかりました。当日の天候は、くもりで結構寒かったのですが、夢中になってパレードを見続けました。寒い中立ちっぱなしで、パレードの後、足がおかしくなって歩きづらかったです。パレードが終わった途端、急に寒さを感じて大急ぎでカフェを探しましたが、皆考えることは同じのようで近くのカフェは人で溢れかえっていました。しばらく歩いてパブを見つけコーヒーを飲んで一息つきました。
20121112-5.jpg 20121112-4.jpg
20121112-3.jpg 20121112-2.jpg
photo at Embankment, London

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 09:55| Comment(0) | London