2012年11月05日

キューガーデンで見つけた黄金の植物

20121105.jpg

ロンドン南西部、Richmondにキューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)があります。ここは世界遺産に指定されている王立の植物園で世界中の植物が集められています。敷地面積は132haです。ちょっとピンときませんが、とにかく広く庭園を全て観ようと思ったら一日はかかると思います。その広い敷地の中にアジア、アフリカ、アメリカエリアなど地域ごとに分けられて植物が植えられています。

初めて見る植物も沢山ありました。中でも印象に残ったのが写真の植物です。Amsonia hubrichtiiというアメリカ原産の多年草でキョウチクトウの仲間だそうです。この写真だと分かりづらいと思うのですが、太陽の光にあたるとキラキラ光ってそれは綺麗でした。この黄金色は葉っぱが紅葉しているものでした。家に帰って調べてみると春に青い花を咲かせることが分かりました。

最初、入場料が高いなと思ったのですが、中に入ると納得でした。世界中の植物に合わせて温度、湿度を考慮しながら管理していくのはとてつもなく時間と手間がかかっていると感じました。広大な芝生にも雑草が混じることなくとても綺麗な状態でした。

とても一日ではじっくり観る事はできませんでしたが、また次回行った時に知らない植物を少しずつ発見していこうと思います。また、ここの日本エリアには日本庭園と古民家が建てられています。こちらはまた後日ご紹介致します。

キューガーデン http://www.kew.org/
Adults £16.00*, Concessions £14.00*, Children FREE
Kew is open daily at 9.30am, except Christmas Eve and Christmas Day.

お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 22:00| Comment(2) | Kew Gardens

2012年10月31日

晩秋のロンドン、いや初冬かな

20121031.jpg

イギリスは10月28日(日)に夏時間から冬時間に変わりました。1時間、夏時間より時間が遅くなりました。先週までは朝7時頃でも薄暗かったのがちょっと明るくなり、その分夕暮れが早くなりました。先週辺りから気温もぐっと冷え込んで寒くなり、時間も冬時間になったことで一気に冬が近づいてきた感じがします。

今日の気温は最高気温が11℃、最低気温が5℃でした。外出するときはもちろんコートが必要ですし、手袋もないと辛いです。部屋も暖房を入れています。日本から持ってきたコタツも活躍中。10月の終わりで晩秋、いや初冬といった感じです。街の木々も紅葉した葉が散り、風に舞っています。中には、まだ葉が青い木もありますが。

残り少ない秋をあと少し楽しんで、冬を迎えたいと思います。
日本はまだ暑い日もあるのかな。。。さすがに無いかな。


お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 07:03| Comment(2) | Kew Gardens