2012年10月26日

イギリスのサイダーはリンゴのお酒

20121026.jpg

日本でサイダーと言えば、アルコールの入っていない透明の甘い炭酸飲料だと思うのですが、イギリスのサイダー(Cider)はリンゴ酒を意味します。色は琥珀色で炭酸が入っています。これを知らずにサイダーを頼むとアルコール飲料が出てきてびっくりします。実際、しばらく知らなかった。。。

先日行ったMiddle Farmにはサイダーショップがあって、沢山のサイダーやビール、ワインが売られていました。店の中には大きな樽に入ったサイダーが並んでいて、それを買うには専用のペットボトル(サイズ違いが2、3種類あり)を購入して自分の買いたいサイダーを自分で入れるようになっていました。樽の数はざっと50ぐらいはあったのではないかと。樽には製造元の農場の名前や値段などが書かれていました。お客さんは味見用の小さいカップをもらって、ちょっとずつ味見をして気に入ったサイダーを見つけていました。私もいくつか味見をしてみましたが、樽のよって全然味が違いました。甘さや味やアルコール、発泡具合が全然ちがっていました。リンゴの種類や産地の他、製造方法も農場ごとに違ってくるのかもしれません。私が飲んだのはどれもあまり甘くなく大人の味でした。サイダー関しては必ず購入前に味見をした方が良いように感じました。イギリスの人はきっと自分のお気に入りのサイダーがあるんだと思います。

このMiddle Farmではないのですが、最近、近所のマーケットで手作りのリンゴジュースを見つけました。それらはMillets Farmで造られているもで、甘さが選べて気に入っています。いつも買うときに甘さの好みを聞かれて『中ぐらい』とか『甘いの』とかいうとお店の人が選んでくれるのですが、砂糖の量が違うのかと思っていました。ところが、よくよく見ると、リンゴの種類で甘さが違っていました。加糖や加水はしていないそうです。リンゴジュースがリンゴの種類ごと(8種類)にあるのもびっくりしました。今度から、どのリンゴのジュースを買ったか覚えておいてお気に入りを見つけたいと思います。

やっぱりイギリスはリンゴの国らしい。お気に入りのリンゴを見つけられるかな。

Middle Farm Cider Shop
http://www.middlefarm.com/cider-and-perry.html

Millets Farm Apple Juice
http://shop.milletsfarmcentre.com/c/Millets_Apple_Juice/d8a2a653f29d497f84bf4cc8c5c6da5e/


お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
posted by yumikotanaka at 07:28| Comment(2) | East Sussex
この記事へのコメント
サイダーの種類が豊富なんですね。
50種類かぁ、、、
樽によって、味が違ったりとか、ステキですね!美味しそう。

イギリスの方はリンゴ好きなんですね。
知らなかった。。。
紅茶のイメージでした。


山 と 海 でした。





Posted by yamatoumi at 2012年10月26日 15:28
味見をした感じでは、冷えていなかったのもあるのかいまいちかもって思うのがあったので、なかなか難しそうな印象があるよ。もちろん美味しいのもあるんだけどね。

きっと紅茶はもっと色々あるんだろうね。楽しみ。

いつも本当にありがとうね。
Posted by 田中由美子 at 2012年10月26日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]