2012年10月01日

竹馬とスティルツ

20121001.jpg

先日、ロンドンから車で一時間ぐらいの場所にあるFarnhamという町へ行った時、近くの教会でフェスティバルが開かれていました。地域の人が出店を出したり、ゲームをしたりして楽しんでいましたが、その中で日本の竹馬とそっくりのものを見つけました。

私は子供の頃に、竹馬に乗って遊ぶのが結構好きだったので、懐かしい思いで見ていました。形状は日本の竹馬とよく似ていましたが、乗っている様子に何となく違和感を感じていました。しかしその時はその理由が分かりませんでした。自宅に戻り竹馬について調べてみると、欧州の竹馬はスティルツと呼ばれ、棒を足の側面に向けて乗ることが分かりました。足を乗せる部分も短いようです。あの違和感は乗り方が違っていたのだと気づいてすっきりしました。Farnhamでそれを見た時は、乗るのが下手なのかなあと勝手に勘違いをしていましたが、何事も決めつけて考えるといけないですね。


お読み頂きありがとうございました。ブログのランキングに参加しています。
お手数ですが、お帰りの前に下記のマークを一つでもクリックして頂けると幸いです。
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ こちら→
【Surreyの最新記事】
posted by yumikotanaka at 00:50| Comment(0) | Surrey
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]